くぎ

postheadericon中国の技術

中国の生産技術は、まだ黎明期を抜け切れたとは言いがたい事実があります。
それに言葉の壁と物理的な距離というネックもありますが、それを踏まえて、中国に発注するメリットはなんでしょうか。
先にあげたとおり、安く仕上がるということです。
製品の製造工程、すなわち部品加工や金属加工などの工程を細かく分けて、可能なかぎりに単純化することでリスクを減らすことができます。
そして日本で金型を発注するメリットはなにかといいますと、やはり言葉の壁がないことから細かい打ち合わせができ、整備されたインフラ網から納期も速いことがあげられます。
部品加工と金属加工においては、やや割高ではありますが、直前になっての対応能力など、見逃せない点があります。

鉄製のふた

postheadericon部品発注のポイント

設計や製品のデザイン会社では、多くの試作品が作られいます。
企画が採用されれば製品を様々な会社に発注してそれぞれの部品などを製造してもらいます。
近年、日本では金型から部品加工や金属加工などを受注する会社が減っています。
現在、日本の開発メーカーはこの状況に対して、人件費の安い中国などに頼むようになっています。
安く金型を仕上げてくれるのはとても魅力的です。それに時間のかかる部品加工と金属加工もまとめて頼めるのなら、これは会社にとって嬉しいかぎりです。

ですが、日本から中国に注文するデメリットにも注目したいところです。
日本での金型製作は、ものづくり日本と言われた栄光があり、相応の卓越した技術が必要とされます。
安易に中国に注文すると、クオリティの製品になってしまう危険性もあるのです。

くさり

postheadericon金型技術の大切さ

金型といえば、ものづくりにおいて特に重要なパーツで、その部品加工技術が海外に流出し日本の製造業に大きなダメージを与えているとのニュースを聞きます。
普段私たちが目にしている商品を作り出す製造設備は、そうそう見る機会はありません。
私たちが目にし手に取ることが出来るのは店頭等で販売されている商品ですが、その質と量を決めるのが金型を含めた製造設備です。
例えば家電製品のプラスチック製品や中の基板、電子部品を作るためには金型がなければ作ることは出来ません。
プラスチック製品はペレットと呼ばれるプラスチックを溶かし射出成形され部品加工されます。
また電子部品は製造過程でリードフレームと呼ばれる金属製のテープ状のものに電子部品のパーツを溶接等で固定し何工程か掛けて仕上げられます。
そのリードフレームに様々な形状の穴明けや曲げといった金属加工を行うのもそうです。これらの部品加工や金属加工を金型を使用して行う訳です。

その他、自動車製造業の分野では部品加工工程で板金等をプレスし形状を作っていく金属加工方法や、溶融させた金属を金型に流し込んで成形する金属加工方法でも使われています。
これらの家電製品の部品や自動車部品を作り出すために、金型の精度はμm(100万分の1m)単位で部品加工され組み立てられます。
そして、この金型の質を決めるのが、設計技術者、部品を作る加工機と加工技術者、組立技術者等の技術要素です。
これらの技術が日本のものづくりを基幹から支えているといえます。

ボルト

postheadericon金型はなくならない

今やミクロン単位まで作り上げるコンピュータ制御の旋盤やフライス盤もありますがすべてこれらによって製品を作成するのではありません。
金型も最終調整はやはり職人の部品加工の技術がものを言います。
部品加工で言えば特に「やすり掛け」はもっとも技術がいります。
3Dプリンタが進歩すれば金属加工の技術は必要ないのではないかと思いがちですが、金属加工の技術がもっとも必要とする金型の成形は職人の技がなくては最終的には成り立ちません。
なので今後も金型を製作する企業は必要とされます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

November 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930